三ノ上万由美バレエスタジオ勉強会

セットを飾り照明作り
セットを飾り照明作り

今日は福岡市少年科学文化会館の大ホールで「三ノ上万由美バレエスタジオ勉強会 リトルプリンセスの舞踏会」の仕込みリハーサルが行われています(本番の開演時間は明日11月10日の16時からです)

「ここはこうだよ!」「はい、先輩」
「ここはこうだよ!」「はい、先輩」

三ノ上先生も我が社とはとても長いおつきあいをさせていただいています。今回は公演ではなく小品集が中心にはなりますが我が社のスタッフが舞台、照明、音響と担当させていただいています。

客席から照明の調整指示を出す
客席から照明の調整指示を出す

先ほどリハーサル前のホールの様子をちょっとだけ覗いてきたんですが、現場では我が社の女性のホープ達が中心になって舞台創りに取り組んでいました。

舞台袖でシーン事に音楽を出します
舞台袖でシーン事に音楽を出します

我が社も私が若かった頃(大昔)はどこを見ても男しかいないような会社だったんですが、いつの間にか女性のスタッフ希望者が増えてきて、大道具部門ではまだまだ男が幅を利かせていますが、照明さんや音響さんの若い世代では女性の方がひょっとして多いかもしれないです。

掃除中の槇原敬之さん
掃除中の槇原敬之さん

ですから、近い将来には彼女たちの中からプランナーや現場のチーフがどんどん生まれてくるようになってきますね。
中年親父としてはちょっとばかり複雑な心境ですが、彼女たちの頑張りを見ていると全然男のスタッフにも負けていませんから当然でしょう。

でも最後に一言、「元気な男の子待ってまぁーす!!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。